良い話。。。(を綴りたい)

みなさん、こんばんは。

今、こうしている間にも地震・津波で被害を受けた方達は極寒の寒さや飢えと戦われていることと思います。福島の原発では、夜通し命がけで度重なるトラブルと向き合っている方々がいらっしゃいます。我々一般市民も、新たな災害などに怯えながらも、今の自分に出来ることを自問自答し、懸命に出来ることを模索し続ける日々を過ごしています。。。

今の自分に出来ることってあまり無いけれど、こんな時だから「自分のコントロール出来ること」、7つの習慣でいう、「影響の輪」の中に意識をおいてみようと思います。

日々流れ続けるニュースに疲れる人もいるだろうから、なんだかほっとするようなこと。

日常にあるちょっとしたあったかいこと、心があたたまるような出来事でもいいし、こんな時に自分が励ましに使う座右の銘とか言葉とか、ストーリーでも、そんなことをちょっとずつ綴っていこうかな、と今はそう思っています。

もしも、何か共有したいお話、勇気が出る話でも、日常のほんのささいなことでも、被災者のみなさんへのメッセージでも構いません。こんな時だからこそ、元気が出るような話があれば、みなさんも是非教えて下さい。

毎日更新出来るかわかりませんが、自分なりに何か探してみます。

今はそれを自分がしたいのだと感じるから、素直に行動してみます。

この記事を書いた人

東頭 俊典

東頭 俊典

バスケットボールコーチ。 北海道出身。
現在はアースフレンズ東京Zヘッドコーチ