GBNセミナー 〜デビッド・ブラット氏〜 セミナー準備

みなさん、こんにちは。
いよいよ明日からデビッド・ブラットコーチのセミナーとなります。

バナーをクリックすると申込フォームに飛べます。

今週に入ってから毎日ZOOMでミーティングをして準備しており、「これ、本当に2時間で終わりますか?」という量になっていっています。(多分伸びると思うのでお時間に余裕を持っておいてください。向こうが付き合ってくれるまでこの際お願いしてしまおうと思っています。)

細部に渡るこだわり

そんなに何の話をしているのか?疑問に思われるかと思いますが、初日はパソコンの動作確認、動画の動作確認、入室管理、問題が起きた時の危機管理。。。(どうしようもないものもあるにはあるのですが。。。)翌日は書類の確認、ブラットコーチの経歴や実績などの発表(インスタグラムにアップしてあります)、トルコのDarussafakaのTemocinコーチとの連携(今回のセミナーの映像作成を担当してくれています)。今日は、日本のバスケットの状態、NBAとヨーロッパのバスケット、どちらの話をコーチたちは聞きたがるか、ユースチームのシステム、Bリーグの仕組み、外国籍選手の数、日本代表チームのこと。。。とにかくたくさんのことを聞いて、ひたすらメモをとっていらっしゃいました。

「You don’t talk AT people, you talk WITH people」

「ここまで準備してくれる人もなかなかいない」と伝えたところ、「You don’t talk AT people, you talk WITH people (人に話しつけるのでは無く、人とは一緒に話すものだよ)」

日本についてたくさんの質問を浴びせ、メモをとるブラットコーチ

「せっかく来てくれる外国の人に、自分が限られた時間で何かを共有し、また彼らからも何かを自分が学ばせてもらう。そういうメンタリティーを自分はずっと持ってやって来たし、そのメンタリティーはコーチをする中でも生きるものなんだ」と話す言葉一つ一つに知恵があり、本当に魅了されるんですね。ユースコーチの方が多いのか、とか、日本の現状を細かに聞かれて、ZOOMでも質問は顔を見て聞けるのか、とか、とにかく「人」を大事にする。質問は結局顔を伏せたままQ&Aでやることにはなりました。時間と手間を考えた際、「出来るだけ多くの情報を伝えることを優先したい」となりました。ですが、そこに配慮する、熟考する。人としてプロとしてレベルが高く、学ぶことばかりです。「今日の話を聞いて、ロシア代表のクリップも用意出来るならトライしたい。また明日話そう。」と言って今日の1時間ばかりのミーティングを終えました。

自分はここまでこうしたコーチの良さを少しでも多くの日本の皆さんにお届けしたくてこのセミナーをしてきましたが、今日ふと「自分が一番素晴らしい時間をもらっているのではないか?」と考えました。こういったコーチたちが何を考え、どれだけの準備をするか?直接学ばせてもらう機会などないので、感謝しかありません。参加してくれる皆さん、この会を「やってほしい」と背中を押してくれたたくさんのリーグのコーチ達。その人達のおかげでこうした時間を過ごさせてもらっている。だから本当に感謝すると同時に、少しでも多くの人にこのコーチに触れてほしい。心からそう思います。金曜日の21時で土曜日の募集は締め切るので、申込がまだの方は是非お早めにお申し込みください。今回は通訳に相当プレッシャーを感じます。やれること、全てをやり切る覚悟です。どうか拙い通訳ですがお許しください。

会話の合間合間に見せてくれる笑顔。自分の家族のことまで気にかけてくれたり、とにかく人間味が溢れています。

【申込スケジュール】
29日金曜日21時 土曜日分申込締め切り
*30日のURLは29日中に配信します。

30日土曜日21時 日曜日分申込締め切り
*31日のURLは30日中に配信します。

こちらからもフォームにとべます。

(東頭コーチ談 スタッフ書)

この記事を書いた人