ご冥福をお祈りします

みなさん、こんにちは。

先日レバンガ北海道と1日の選手契約を結ばれた佐藤竜弥さんが悪性リンパ腫でお亡くなりになられたそうです。

佐藤選手とは同い年で高校時代同じコートに立たせてもらったことがあります。高校の時はジュニア代表にも選ばれ、長身ながらシュートタッチが柔らかく、動きも軽快な選手だったので、「こういう人がトップリーグで活躍するんだろうな」と憧れに似た気持ちを持っていました。対戦した以外には直接関わったことはほとんどありませんが、彼の周りの人は皆彼のことを柔和で優しい人、ということを言いますし、性格の良さは滲み出ていました。

若い若いと思っていた自分も今年で39歳。39歳ともなれば、こうやって亡くなってしまう人もいるのだ、という当たり前のことをまた思い出させてもらいました。最後の最後にNBLのチームに所属できたことは素晴らしいと思います。それを実現するために多くの人が動いていた、という事実が彼がどれだけ人から慕われていたかの証拠だったのだと思います。

自分は今の所健康に生かせてもらって好きなことをさせてもらっているので、毎日をもっと大切に生きたいと思いました。

心からご冥福をお祈りします。

 

 

 

この記事を書いた人

東頭 俊典

東頭 俊典

バスケットボールコーチ。 北海道出身。
現在はアースフレンズ東京Zヘッドコーチ