”コーチは育つ”

みなさん、こんにちは。

先日、尊敬するコーチと話していてこんな言葉が出て来ました。

「コーチは自分で育つ物だから。。。」

確かに、そうですよね。

名コーチの下で育って、名コーチになった人はたくさんいます。

ボビー・ナイトの下で育ったコーチKしかり、ディーン・スミスの下で育ったロイ・ウィリアムスを始めとしたたくさんの名コーチ達。。。

環境ってすごく大切ですが、一方で”本物”って自分で育つ力を持っている。

以前話したことがあるイチローとジョン・ウドゥンの共通点

最近はちょっとずつ変わってきたようですが、渡米してシスラーの最多安打記録を抜く頃くらいまでのイチロー選手の話していることや考え方って、ジョン・ウドゥンコーチの本、そのままなんです。

確認したことないけれど、二人に接点があるとは思いにくいし、そうであれば二人とも独自にその”成功哲学”に辿り着いたと考えるのが普通です。

つまり、”育った”と。。。

きっと誰でも本気で学ぶ心があり、求めて進んでいけば、”育つ”ことって出来ると思うんですね。選手でも、コーチでも。

自分は環境に恵まれて来た気がしますが、まだまだ”自分で育つ”力をつけられるように、”育てる”ように頑張りたいなあ、って思いました。

この記事を書いた人

東頭 俊典

東頭 俊典

バスケットボールコーチ。 北海道出身。
現在はアースフレンズ東京Zヘッドコーチ