勉強法

みなさん、こんにちは。

いつもありがとうございます。

だいたい休みの日に書き貯めて予約更新しているのですが、こうすると結構タイムラグが空いてしまうので、旬な情報をさっぱり書けませんが、ご理解下さい。

さて、本棚整理していて、よくされる質問を思い返しました。

「どうやって勉強していますか?」

大抵は「1シーズンに1つ、テーマを決めて行うと良いよ」とアドバイスしています。

これは故John Woodenコーチが現役時代されていたそうで、今シーズンはリバウンド、今シーズンはファーストブレイクなどのようにテーマを決め、その分野のエキスパートや「ベスト」とされる人に直接頭を下げて教えを乞いていたそうです。

こうした形で自分もテーマを決めて行うことが多いですかね。。。

ただ、一方で本棚を整理していて気づいたのは、「テーマ以外の情報」もたくさん集めていたのだな、ということ。

バスケからビジネスからITから哲学、禅まで、まあいろんな本を溜め込んだものだと(笑)。

「1シーズンに1つ」と言っていた割に、まあ手当たり次第読んでいたんじゃないのか?と自分に突っ込みを入れたくなりました。

で、振り返ってみると実際自分もいつも「変わっている」んだなあ、と。

「模索している」というか、そんな感じなんでしょうか。

指導の方法もその職場、その職場で変わっているし、下手したら毎日変わっているのかなあ、と。

「ぶれる」とかともまたきっと違うと思うんですが。。。

でもまあ人を振り回してしまうこともあるので、注意が必要ですね。

でも、自分はバスケでも生き方でも何でも、もちろん勉強法でも答えって一つじゃないから、いろんな考え方があって良いと思うんですよね。

あまりコロコロ変えるのは良くないのでしょうが、「根っこ」や「芯」の部分が不動であれば良いのではないか、と。

そういえば大学の頃、「THESIS STATEMENT」をエッセイ提出の際、毎回書かされていました。

自分がこのエッセイやペーパーで何を言いたいのか。

それがTHESIS STATEMENT。それから絶対にぶれないようにする。

だからクリニックや講習会、とかでも今でも「OBJECTIVE」、そのクリニックの目的を明確に書き出すようにしています。

あれってそういった「芯」の部分をぶらさない効果もあるんですね、きっと。

と、この投稿は随分主題が不明ですが。。。(笑)

ということでおあとがよろしいようで。

この記事を書いた人

東頭 俊典

東頭 俊典

バスケットボールコーチ。 北海道出身。
現在はアースフレンズ東京Zヘッドコーチ