2020-21シーズン 第2節vs茨城ロボッツ 総括

こんにちは。いつも応援ありがとうございます。
今シーズンはstand.fmを使って試合後に総括を配信していますが、こちらにも書き起こして残していきます。

10/10 Day1

みなさん、こんばんは。
2節目、茨城と試合をして67-78で敗戦ということで、2連敗になってしまいました。ただ、お客様の前でこうして試合をできたということにも感謝したいですし、計1300名ほどの方が会場にいらっしゃったということで、本当にありがとうございます。バスケットをできるということに感謝しています。

試合の方は、前半も後半も今日はナンナ選手がファウルトラブルになって、若干そこから主導権を握られてしまったところがありました。そういうケースも想定して準備してきたものはあったのですが、なかなかそれをやり切れなかったというところです。もうちょっとやり方があったな、という風に思っています。ですが選手は最後まで戦ってくれましたし、ベテランも若手も、出る人出る人が自分の持ち味を出してプレーできていました。栗原選手が12得点、ケイン選手も5得点ということでだいぶミスも少なくなってきましたし、今は紺野選手が怪我でまだ出られない状況なんですが、こうして若手が伸びてきてくれるというのは今後のチームにとってすごく大きなことなので、彼らの成長はずいぶん早いかなと思っています。今日不完全燃焼だった選手が何名かいたので、明日はしっかりそれをプライドを持ってやり切ろうという話をして今解散しました。明日も14時からTIPOFFなので、まだ選手は全員揃っていない状況ですが、なんとか今この状況で一勝でも多くとれれば今後全員揃った時にもっともっといいチームになれると思うので、ここで崩れないように少しでもいい試合をして勝ちを掴んで東京に帰りたいと思っています。明日も応援宜しくお願いします!本日はありがとうございました!

10/11 Day2

みなさん、こんばんは。二日間、応援ありがとうございました。
結果は3連敗ということで非常に悔しいんですけれども、昨日の勝利で自信をつかんだのか、今日は1Qからいきなり茨城さんの本来の勢いで猛功があり、最初にガンと点を離されてしまいました。(昨日は相手もまだまだ開幕したてだなーという感じで、どのチームも例外ではなく。なかなか勢いにのれずあれ?という感じの部分もあったとは思っています)
ですが、坂井レオ・栗原翼筆頭にケインもすごくいい働きをしていましたし、そこから一気に盛り返してなんとか前半リードで終わりました。3Qでは確か最大19点差までいったのですが最後ひっくり返されて敗戦ということで、非常にいいゲームではあったもののファンの皆様や、やっている選手にとってはきつい敗戦となってしまいました。
マイナス10点から始まって一時は19点差までいったので、ある時間帯からはロボッツ相手に29点の差をつけたということで、非常に手応えを感じるところも多々あったし、負けてしまったことには責任も感じますし、残念なところでした。

そんな中でもこのチームは少し特別になるなと感じたことがあり、敗戦後ロッカーでMTGをした時の話。
最初に岡田が「若手がリードを作ってくれたのにベテランとしてその後を託されて、2桁のリードを守れなかったのは責任を感じるし申し訳なかった」といきなりみんなの前で言話し出して、綿貫やナナもそこに続きました。ですが逆に久岡がそこで「若手は調子がよくても最後の大事なところで出れないということを悔しく思わなくてはいけないし、普段の練習やこれまでの積み重ねで信頼を得られていない、こういう状況の中お客様が来てくれるような試合で任される信頼を得ていないから、ちゃんとそういうものを積み重ねていかなければいけない」というようなことを、二年目の選手とは思えないような話を、してくれました。
確かに前半の勢いをつけてくれたのはベンチメンバーだったんですが、実際のところはスタートがしっかりとゲームを回してくれていたところがあったので、自信を持てる状況で後半メンバーを送り出せたしすごくいい流れでした。勝たせられなかったというところに関しては自分自身反省するものの、最後のメンバーに関しては後悔もなく。今のメンツで考えると、ずっとプレシーズンからやってきた中で一番ディフェンスをしっかりできたりとか、細かいアジャストが瞬時にできるのは、スタートメンバーと今で言うと久岡選手の6名。そこは後悔がないものの自分としてすごく責任を感じるのは、やはりタイムアウトや最後の大事なところでセットプレーをちゃんとやりきれていないことや指示が通りきらなかったこと、大事なところでそれをできるようにしないといけない。
ドレイが来てから9日練習をして4試合が終わったのですが、その9日間の使い方だったりとか、あと2,3用意していたものを入れきれなかったところに自分の力不足があります。タイムアウトでの指示をクリアに通せなかったというところ、あと一言付け加えておけばよかったとか、その一言で遂行できたところもたくさんあるので、これは悶々とコーチとして考えていかなければいけません。

今の状況でよく頑張ったというのは正直あって、そこで勝たせてあげられなかった責任を考えていかなければいけないなと思いました。ドレイに関しては正直まだまだ9日なのでシンプルにしていかないといけないし、今はまだディフェンスのカバレージを一生懸命確認している状況なので、今朝も1時間ほど話して細かい説明をしていました。どこのチームも外国籍に関してはみんなそういう状況なのでお互い言い訳できない状況ではあるんですが、これにイシュが来てもう一度やり直してってやっていかなければいけないので、山場です。
来週は元NBA選手も入ってきたという福島と対戦して、3日おいて仙台、2日おいて青森という形になります。まず一週間あくのでここでちゃんとチームをもう一回作り直して頑張っていきたいと思います。ただ、先ほど言ったような素晴らしい心積もりでやってくれている選手達ですし、本当に若手の伸びが早くて、つい1ヶ月前までは大学生と対戦してもターンオーバーしたり力んだりしていた選手達がいきいきとしてプレーし始めていて自信もだんだん見え始めてきています。

あと今日に関しては坂井選手。昨日はなかなか持ち味を出せずだったんですけど、たった一日で切り替えていい働きをしてくれたので、使う方としては本当に悩まされるところもあり、嬉しい悩みでした。しかもみんなチーム思いで同じ方向を向いてこれだけ強いリーダーシップと責任感を持っている選手が揃ってくれるというのはなかなかないことなので、このチームを勝たせたいと強く思います。
たくさん応援本当にありがとうございました!

(以下審判とのコミュニケーションについてはラジオ内にて)


次節以降のスケジュール↓


*この記事は東頭コーチが配信しているラジオを書き起こしたものです。
(From Staff)

この記事を書いた人